お仏壇のお洗濯・修復について

導入の利点

先祖代々に伝わる仏壇はそのままに、金箔・金具・彫刻など各部をきれいに修復して新品同様の美しさによみがえらせる、いわば「仏壇のリフォーム」です。
古くなった柱一本、金具一枚一枚までに分解し、お仏壇を新品同様にリフォームします。
お仏壇とは、子へ孫へと受け継いで使って頂くためにあらかじめ修復することを想定してつくられているため分解が可能です。
そこで我々岸本商店が剥がれた漆をきれいに塗り直し、金箔も貼り直して金具などもきれいに洗って色を付け直します。
そうすることで、大切なお仏壇を買い替えることなく新品同様の美しさに甦り50年でも100年でも使い続けることができるのです。

施工前
  • 金箔がすすけている、剥がれている。
  • 金具のサビ・壊れ。
  • 表戸が閉まらない。
  • ホコリまみれでひどく汚れている。
  • 彫刻が欠けている。
矢印
施工後

汚れいている部分や破損している部分をすべて修理するとこのような綺麗な仏壇に生まれ変わります。
こうすることで同じ仏壇を長く使い続けることができるのです。
お客様の大切な仏壇を守っていくためにも、仏壇の選択・修理で気になることは、どんな些細なことでも相談に乗ります。
まずはお気軽にお問い合わせください。

作業工程

1.解体

工程の最初は、解体です。木のそり、彫刻、金具の欠落等をチェックしながら解体します。そり、虫食いは木材を取り換えないと治りません。土台である木地を取り換えることによって末永くお参りしていただく仏壇に復元します。

解体

2.洗い

専用の液体にて長年のほこりと油煙を落とします。

洗い

3.補修

下地を研磨してその上に中塗りを塗り2,3回繰り返して塗り、上塗りを塗り仕上げます。

補修

4.中塗り、上塗り

下地を研磨してその上に中塗りを塗り2,3回繰り返して塗り、上塗りを塗り仕上げます。

中塗り、上塗り

5.金箔・金粉

金箔は全て押し直します。金箔を押し直すことで、お仏壇の輝きを取り戻します。 金箔の厚みは1万分の1mmです。呼吸を整えて作業します。

金箔・金粉

6.組立て

修復工程の最終作業です。各部所で仕上げた部材を組み立てていきます。

組立て

7.完成

新品同等のレベルで仕上げます。

完成

塗装・箔貼り

(株) 岸本商店では仏壇の製造・販売だけでなく、もうひとつの柱として塗装金箔を貼る(箔押し)事業も強力に推進しております。

仏具関係や各種工芸品のみならず、看板・サインやモニュメント類、内外装建材パーツ等、強度・耐候性が求められるものまで幅広い作業実績を持っております。
ご希望に応じてサンプル等を作成しているので共通確認を取りながらの進行も可能です。
金箔装飾に興味はあるけれど価格や仕上がりイメージがしにくくて不安だとお考えのお客様からもご好評をいただいております。
金メッキや金色塗装とは一味違う、金箔ならではの輝き・質感をぜひ一度お確かめください。仏壇の製造を一貫で行う事による豊富なノウハウとコストメリットでお応えしております。

  • 下地

    下地

  • 下地の水研ぎ

    下地の水研ぎ

  • 箔押

    箔押

  • 箔押

    箔押

  • 箔押

    箔押

  • 箔押

    箔押

topへ戻る